焼酎が二日酔いしにくいのは本当?

これは個人差はもちろんありますが、本当です。

アルコールを飲んだ後、血中のアセトアルデヒド量を測定すると、焼酎は通常の人で日本酒の半分ぐらいしかでません。
(アセトアルデヒドとは、アルコールのエタノールが分解されて出来る物質で、悪酔いの原因となるものです)

これは、蒸留の結果、焼酎のアルコールは、ほぼアセトアルデヒド100%になり、肝臓で分解されます。

日本酒は他の種類のアルコールも含んでいるので、違う種類のアルデヒドが造られてしまい、肝臓がこちらも処理しなくてはならなくなるため、アセトアルデヒドの分解が遅くなってしまい、処理に時間がかかる分二日酔いの症状が出てしまうのです。

口臭対策と予防 口臭を消して近距離に自信を・・

ウロキナーゼで血栓溶解

ウロキナーゼとは血栓溶解酵素のことで、心筋梗塞や脳梗塞といった病気を防ぐには、血液中の余分な血栓を溶かして、血液がさらさらに流れる必要があります。その為に有効なのが血栓溶解酵素なのです。シスメックスより

酒類にはウロキナーゼを増やす効果があります。
なかでも本格焼酎はその効果が非常に高いことが実証されています。
日本酒ビールはもとより、ワインに含まれるポリフェノールよりもウロキナーゼは血液をサラサラにする効果が優れています。これも実証済みです。
ポリフェノールは、血栓ができるのを防ぐ効果があり、抗酸化作用によって動脈硬化を防いだり、血栓を予防するのに有効なのですが、血栓を溶かす効果はありません。
本格焼酎を飲むことによって増える血栓溶解酵素のウロキナーゼにはすでにできてしまった血栓を溶かす作用もあるというのは驚きです。
| 健康

本格焼酎でダイエット・・

本格焼酎には血液がサラサラになり、全身の細胞を活性化させ老化を防止する効果があります。
しかも製造の過程で、カロリーもごくわずかに抑えられているという焼酎本来の特徴により、ビールや日本酒と比べて太りにくいということが科学的に実証されています。

ウロキナーゼ酵素の効果
本格焼酎には「ウロキナーゼ」という酵素が多く含まれ、どろどろになった血液をさらさらに変える働きを持っています。
血液がさらさらになることによって新鮮な血液が全身の細胞にいきわたりやすくなり、脳の働きも活性化し、皮膚の老化を防止し、さらにみずみずしくキレイな肌にかわります。
| 健康

楽しみ方

本格焼酎を楽しむ、代表的な飲み方の分類るんるん
ロック
香りはやや感じにくくなりますが、きりっと冷やして飲めるのでアルコールの辛みを抑えられる飲み方です。
すぐに飲まずに、氷が溶け出してから飲んでゆくのが、おすすめです。
水割り
焼酎の成分を変えずに飲みやすくするのに一番適した飲み方です。
アルコールは苦手だけど、焼酎らしさを味わいたい人向き。
ストレート
焼酎を本当に味わいたいなら何といってもこの飲み方でしょう!
ちびちびと味わいを感じてみませんか?
お湯割り
寒い季節、温まりたいときはやっぱりこれ!
グラスを温めてから、お湯を先に入れます・・。とはいえ、自由なのが焼酎のいいところ! 
焼酎の飲み方に「絶対」はありません。
あなたにとって一番おいしく気持ちよく味わえる飲み方を見つけて、焼酎を楽しみましょう。

焼酎が安くて体に優しいといわれる理由

本格焼酎は安い、二日酔いしない、太らない、といったイメージから、人気急上昇。

蒸留酒が太らないといわれている理由
糖分が蒸留されずに、もろみのほうに残るため、蒸留酒は醸造酒に比べ、カロリーがとても少ないのです。
そのため太りにくいのです

また焼酎は安く、体にいいお酒とされている科学的な理由・・焼酎はどのように造られるか?
実は途中まで焼酎と日本酒の造り方は同じで、まず蒸したお米に、カビの一種、麹菌を加えます。
米にはデンプンが豊富にあり、麹菌はこのデンプンをブドウ糖に変える働きがあります。

ここに酵母を加えると、酵母はこのブドウ糖を栄養に増えます。
ここまでは焼酎と日本酒はほとんど同じです。

さらに日本酒ではここでまた、お米を加えるのですが、焼酎ではここで、名前についている原料(麦、イモ、ソバなど)を加えます。

するとこの原料のデンプンを麹菌がブドウ糖に分解し、そのブドウ糖を酵母がアルコールに分解するのです。

このように麹菌と酵母の共同作業で、デンプンがアルコールに生まれ変わるのです。

これをこしたものがもろみで、10日ほどおくと日本酒は完成です。

この後、焼酎には蒸留という作業が加わります。

もろみを熱し、蒸発してきた気体を水で冷やします。

こうすることで、純度と濃度の高いアルコールができあがります。
こうして出来たお酒を蒸留酒と呼びます。
ウイスキー、ブランデー、ウオッカがこの仲間です。

あまり蒸留していないお酒のことを醸造酒と呼び、ビール、ワインがこの仲間になります。

焼酎も含まれる蒸留酒は、アルコールの純度と濃度が高いのが特徴で、色をつけない限り、もともとは無色透明なのも特徴です。

また日本酒と焼酎のもう一つの大きな違いは、麹菌です。
日本酒の麹菌が黄麹菌であるのに対し、焼酎の麹菌は黒麹菌

黄麹菌は高温に弱く雑菌の繁殖を許してしまうのに対し、黒麹菌は高温に強く雑菌の繁殖を防ぎます。

これは黒麹菌がクエン酸を持っていて雑菌の繁殖を防いでいるためです。
高温に強いので、焼酎は暖かい地域で普及してきました。
日本酒のように細かい温度調節も不要なのです。

これが焼酎の安さの秘密だったというわけです。
 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。